今や建築現場では必須のレーザー墨出し器、最近では展示会やイベントの設営、工場での機械の設置、展示物の配置など、様々なシーンで使われるようになりました。

また、最近は、DIYブームに伴い、壁とか備え付けの棚とか、そういう大きいものを作る際の基準出しなどでも使用されるなど、家庭用としての需要も増えてきています。

 

今、とても需要が多くなっているレーザー墨出し器も、発売するメーカーが増え、価格帯も幅が出るようになりました。

 

当然

「何が一番おすすめなの?」

という事になります。

 

そこで、今話題の墨出しレーザーに関して、コスパ順によるおすすめを調べました。

 

グリーンレーザー墨出し器 コスパ順おすすめ

レーザー墨出し器は、種類やメーカーもさる事ながら、 グリーンレーザーと赤のレーザーという 大きな2択の選択肢が存在します。

 

ただ、今の主流は、グリーンレーザーです。

理由は、

赤レーザーよりも8倍視認性が高い!

 

つまりとても見やすいのです。

 

当然、グリーンレーザーの方が見やすいので、赤レーザー墨出し器より高価なわけですが…

 

今は、手が届きやすいものも出てきています。

 

そこで、グリーンレーザー墨出し器に関して、コスパ順のおすすめをまとめました。

 

 4方向たて・よこ360度・天井直角照射(フルライン)

  1. VOICE フルライン グリーンレーザー墨出し器 VLG-8X



    価格 5.0
    使用感 4.0
    総合 5.0
    価格:
    69,800円(税込)
    メーカー:
    voice

    数多くの現場の声に基づき、「最適機能・最適価格・最適アフターメンテナンス」というコンセプトの元、墨出し器では数少ない業界経験20年以上のベテラン技術者がユーザーの声を基に設計。
    本当に必要な機能だけを凝縮し、コストに響く無駄な機能を省くことで価格も適性に抑えました。

    総評

    断然の第1位voice製ですが、第2位のムラテックKDS製と比べても格段のコスパ、フルラインで唯一10万円を切る事を考えると、voice製が選ばれるのもうなずけます。

    商品詳細を見る

  2. ムラテックKDS DSL-900RGRSA リアルグリーンレーザー 受光器三脚付

    価格 4.0
    使用感 4.5
    総合 4.0
    価格:
    119,880円+送料~
    メーカー:
    ムラテックKDS

    温度特性に優れたリアルグリーンレーザーダイオード採用しました。
    ●傾けてもレーザーが照射できるライン固定モード搭載しています。
    ●振動に強い電子整準タイプです。
    ●アルカリ乾電池/AC電源が使える2WAY電源です。
    ●1年間の盗難火災補償付です。

    総評

    受光器と三脚がついている事を考えると、第3位のタジマ製と比べればお得感がかなりある商品です。

    商品詳細を見る

  3. タジマレーザー墨出器 ゼロブルーセンサー リチウム KJC(フルライン)

    価格 3.0
    使用感 5.0
    効果 3.5
    価格:
    140,184円(税込)
    メーカー:
    タジマ

    屋内外でくっきり!ギラつかないブルーグリーン!センサー式のフルライン!
    •鮮視度300のギラつかないブルーグリーンレーザー
    •振動に強いセンサー式レーザー
    •精密な地墨合わせができる360°回転微調整機能付
    •リチウムイオン充電池7424仕様

    総評

    タジマ製品は、社内での厳しい精度検査に合格したものだけ製品化されていて、メーカーへの信用度は断然1番です。しかし、価格は、voice製の2倍以上であることが購入へのネックとなります。

    商品詳細を見る