現場男1

レーザー墨出し器の精度が狂ったら、

精度調整は、各メーカーでメンテナンスしてもらうのが賢明だね!

となると気になるのは…

 

メンテの費用

 

だね!!

 

ココでは主に、タジマ、ムラテックKDS、voiceのレーザー墨出し器を紹介しているけど…

 

各メーカー どんな感じなのかな?

現場男2

メンテナンスの費用ね…

 

なんかメーカーによって相場が違うみたいだね。

調べて見る必要があるね。

 

メーカー別メンテナンス費用

現場男1

調べる前に…

 

なんか、レーザー墨出し器は精密機械だから

1~1年半に1回の精度調整は必要!

と、どのメーカーのHPにも書いてあるね。

現場男2

なるほど。

維持費も大変だね。

という事は、メンテナンス費用も安いところがいいよね♪

現場男1

だけど…おかしいんだよね。

タジマと、ムラテックKDSのHPいくら見ても

メンテナンス代金載ってないよ。

ムラテックKDSは、ユーザー登録すれば1回に限り無料とは書いてあるけど

それ以上はわからないね。

参照:ムラテックKDSタジマ

現場男2

え、本当なの?

ちょっと待って。

載っているところあったよ。

Tajima(タジマ)・ムラテックKDS:12,000円~という事らしいけど、実際は3~4万円グロスでかかるらしい…

 

1年に1回この出費はかなり痛い!!

 

ところで、問題のVOICEはどうなの?

現場男1

VOICEは……

 

おぉすごい!!

1ライン当たりたったの1,080円(税込)だって!!

おまけに点検だけ済んだら無料だって!!

⇒詳しくはコチラ

現場男2

フルラインでも8,640円(税込)か…

 

かなり良心的だね。

これは!

 

点検だけだったら無料というのも好印象だね。

 

まとめ

現場男1

まず、何とか各社のメンテ費用が分かったからよかったよ♪

 

レーザー墨出し器の精度が狂ったら、自分で何とかするのではなく、メンテナンスに出した方がいいね。

理想とすれば、1年~1年半に1回は点検してもらうのが一番という事だね。

現場男2

そうだね。定期的に点検してもらうのが1番だね!

 

しかし、後々のことを考えたら、VOICE製を買えば、コスパは良いし、メンテ代も安いから、長く使えるという事だね。