野外で使用するためにレーザー墨出し器の購入を検討している方!

 

ちまたでは

 

「墨出し器はグリーンレーザーがおすすめ」

 

という宣伝が多く見受けられるのですが、

本当でしょうか?

 

レーザー墨出し器を屋外で使用する場合、どういうタイプのものが良いか、

そして実際どれがおすすめかを調べました。

 

レーザー墨出し器を屋外で使用する場合、どういうものを使ったらいいの?

現場男4

 

レッドレーザー墨出し器で、受光器

がおすすめです。

 

 

 

野外だと

グリーンレッドのどっちを使っても

ほとんどラインは見えなくなります。

 

なので、ラインが見えない環境では

受光器が必須です。

 

あと価格面で見てみると…

グリーンレーザーよりレッドレーザーの方が

断然安いです。

 

したがって結論としては、

レッドレーザー墨出し器で、受光器

がおすすめです。

 

 

レーザー墨出し器を屋外で使用する場合、どれがおすすめ?

現場男4

 

 

voice製レッドレーザー墨出し器受光器付が

おすすめです。⇒コチラ

 

 

レーザー墨出し器で1番有名なのはタジマ製ですが

タジマ製のレッドレーザー墨出し器受光器付で調べてみますと、

フルラインだと…


Tajima ゼロKJC 受光器・三脚セット 赤 206×126×126mm (ZERO-KJCSET )

なんですが、9万円近くしますね。

 

voice製の倍以上です。

 

ムラテックKDSの場合

ムラテックKDS製のレッドレーザー墨出し器受光器付で調べてみますと、

フルラインだと…

〈KDS〉スーパーレイ85受光器・三脚付 ATL-85 RSA
なんですが、それでも7万円近くしますね。

 

これもvoice製とは比べ物になりません!

 

結論は、voice製レッドレーザー受光器付

という事になると思います。

⇒コチラ

 

まとめ

レーザー墨出し器を屋外で使用する場合、どういうタイプのものが良いか、

そして実際どれがおすすめかを調べました。

 

結論ですが…

まず、レッドレーザー墨出し器で、受光器

がおすすめです。

 

理由は、野外の場合、レーザー墨出し器だけで使用しても

ラインはほとんど見えません。

受光器が必須になります。

 

となった場合、レーザー墨出し器単体の価格だと

レッドレーザーの方が

断然安いので、

コスパ的にはレッドレーザー墨出し器で、受光器

を購入されることをおすすめ致します。

 

具体的な商品は、コスパ的にはどのメーカー製が良いかというと

voice製が断然良いです。

 

フルラインレッドレーザー墨出し器で、受光器

で比べてみると

タジマ製 ⇒ 89,099円

ムラテックKDS製 ⇒ 69,580円

voice製 ⇒ 43,200円

(2018年12月現在)

 

voice製がダントツで安いです。

 

したがって、野外で使用するためにレーザー墨出し器の購入する場合は

voice製 レッドレーザー墨出し器で、受光器

がおすすめです。